治療済みで詰め物等がしてある歯がむし歯になっても、歯科のレントゲンにそれが写らない限りは発見して貰えない。

歯の病気を未然に防ぐ 歯科の定期健診について
歯の病気を未然に防ぐ 歯科の定期健診について
歯の病気を未然に防ぐ 歯科の定期健診について

歯科でむし歯診断されないのに痛い

歯が痛くて歯科を受診しても「むし歯は見当たらない」と言われる人は少なくありません。これは、その歯が以前に治療を済ませていた場合に多く見られる状況です。
治療済みの歯には銀の詰め物やかぶせ物がしてあります。
それらの中はレントゲンには写りにくいので、もしむし歯だったとしても非常に酷い状態になっていない場合は発見されることは希です。
むし歯は無いと言われると安心しますが、逆に「じゃあこの痛みはなぜ」と不安にもなります。
歯科医には「かみ合わせ」や「知覚過敏」と診断し、その治療を行います。


実際はむし歯なのに、発見されないまま放置状態になると、今までの痛みよりはるかに激しい激痛に襲われる結果になる事がしばしばあります。
そしてまた歯科を受診した時にはすでに虫歯の進行は神経まで進んでおり、最終的には神経を抜く「抜髄」という処置をしなくてはならなくなります。
「抜髄」は神経を抜き取り、そこに薬を埋める処置です。
神経がない歯は痛みを感じませんが、その分むし歯になっても気づく事ができません。むし歯が悪化し、歯の根っこが病気になったり、隣接している歯もむし歯になってしまう可能性があります。


このようにならない為には、最初の段階でむし歯を見つけて貰うしかありません。痛くて歯科を受診したのにむし歯は無いと言われた場合、そのまま放置するのではなく、セカンドオピニオンをしたり、もっと医師に症状を訴えて治療済みの歯を診て貰えるように頼んでみることが大切です。

お役立ち情報

Copyright (C)2017歯の病気を未然に防ぐ 歯科の定期健診について.All rights reserved.