一時、歯磨きは歯をダメにすると言われていました。でも歯科ではやはり、むし歯の予防は歯磨きだと言っています。

歯の病気を未然に防ぐ 歯科の定期健診について
歯の病気を未然に防ぐ 歯科の定期健診について
歯の病気を未然に防ぐ 歯科の定期健診について

歯科ではやはり、むし歯の予防は歯磨きと言っています。

私は以前に歯の病気で歯科の診察台では無くて、本格的な手術室に入って、手術を受けた事があります。
その時に鼻の骨を削りました。
それから歯科の勧めで定期受診でメンテナンスを受ける事となりました。
メンテナンスは歯磨きのチェックです。

私はとても意外でした。
なぜなら、歯を磨くと歯に悪いと言われていた時期があったからです。
私が気分転換に歯を磨こうとしたら、職場の人が、歯を磨くのは本当は歯に悪いからやめなさいと言って、すごく怒られました。
人の勝手なのに腹が立ちました。
歯を磨くのはエチケットです。
歯を磨かないから怒られるという事があっても良いですけど、磨いて怒られるのは心外です。

歯科でのメンテナンスは歯磨きのチェックを先ずします。
歯磨きこそが自己管理でできる一番の歯の管理だそうです。
なぜなら、ものを食べると歯は汚れます。
その汚れで歯ぐきなども傷んだりするそうです。
むし歯も、歯周病も、正しい歯磨きで、かなりの予防が出来るのです。
歯磨きチェックは、『何パーセントの磨き残し』という表示をした書類を下さいます。
歯石や歯垢も歯に悪く、これらを防ぐにはやはり歯磨きをする事なのだそうです。
但し磨き方を誤っていたら歯に悪く、その磨き方も歯科で教わります。
ですから、歯磨きをしてはいけないのではなくて、歯磨きの方法を違えてはいけないだけなのです。
それを、あたかも歯磨きがいけないかの様に職場でも『歯が悪くなるから歯を磨くな』という世話焼きまで出てきました。

しかし何でもそうですが、行きすぎの見解って怖いですね。

お役立ち情報

Copyright (C)2017歯の病気を未然に防ぐ 歯科の定期健診について.All rights reserved.