むし歯ができてしまったらまずは歯科医へ行って治療して貰わなければいけません。日頃からの予防も大切です。

歯の病気を未然に防ぐ 歯科の定期健診について
歯の病気を未然に防ぐ 歯科の定期健診について
歯の病気を未然に防ぐ 歯科の定期健診について

むし歯の治療と予防は歯科医へ

子どものむし歯はまだ乳歯の可能性がありますから将来的には新しい歯に生え変わるかもしれません。
しかし、大人になってからむし歯になると永久歯がやられてしまう場合がほとんどなので、この場合は歯科医で治療を受けるしかありません。軽いむし歯ならば少しドリルで削って詰め物をすれば済みますが、症状が重い場合には根元の神経からむし歯になった歯を全て抜き取り、場合によっては人工的な歯と入れ替えるインプラント治療が必要になります。
このインプラント治療を受ければ、数日間は口に違和感がありますが、次第に普通の歯と遜色無いくらいに使うことが出来るようになります。
この治療で一番辛いのは神経を抜き取る作業です。
上手く抜き取ることが出来れば一度で済むようですが、神経が細かかったり細かったりする人は、数回に分けての治療が必要になることもあります。


しかしいくらむし歯治療の技術が上がっていると言っても、歯科に行って痛い治療を受けたいという人は稀であると思います。
なので、できるだけ簡単にむし歯を予防したいと思うはずです。
自分で出来る口内ケアとしては、糸ようじや歯石取り、歯ブラシによる正しい磨き方、歯磨き用の各種ねり等を日頃からしっかりと使って行うことが効果的です。
また、それだけでは歯石は完全には取り除くことが出来ないので、むし歯になっていなくても予防として歯科医に通うことが賢明です。
少しのケアが大きな効果をもたらすのですから、なるべく時間を取れるようにしたいですね。

お役立ち情報

Copyright (C)2017歯の病気を未然に防ぐ 歯科の定期健診について.All rights reserved.